CADを導入する際におさえておきたいことなど

CAD(キャド)とは?活用すると?

「CAD(キャド)」とはComputer Aided Designの略で、「コンピュータによる設計支援」というふうに訳されます。活用すると、正確で綺麗な図面を短期間で作成することが可能になります。

CADのメリットのごく一部

CADが普及する以前、図面は手描きで作成されていました。均一な太さの線をまっすぐ描いたり、異なる太さで表したりするのはとても難しい作業だったため、作成者には高い技術力が求められたといいます。しかしCADではそうした技術はいりません。線を引く操作法を覚えれば、容易に綺麗でまっすぐな線を描くことができますし、太さを変えるのも簡単です。そして、図面の保管に関してもCADには利点があります。それは「データとして保管できる」ということです。図面が大量であっても場所をとりませんし、手描き図面のように破ったり汚したりする心配もありません(誤って消去してしまう可能性はあります)。

CADを導入するにあたって

平面図などを作成する「2次元CAD」は、無料で提供されているソフトもあることから導入は容易です。が、立体図の製図に使用される「3次元(3D)CAD」の場合、高性能のコンピュータが必要なうえソフト自体の価格も高いため導入にはコストがかかります。また「汎用(はんよう)CAD」はあらゆる分野で使うことができるものですが、搭載されている機能が多いため、操作法を習得するまで時間がかかってしまうことが考えられます。それから最後に。導入の際は対応しているデータ型式にも注意しましょう。自社のみならず、取引先が扱っているデータ型式を確認することも必須です。

電気CADは電気設計に携わる人が使うCADソフトです。その為電気図面を作成するのに便利な機能が備わっています。