金属加工ではほぼ必須?酸洗いを行う理由と強み

酸洗いは金属加工でよく行われる化学洗浄処理

酸洗いとは金属を酸性の溶液に浸し、表面の汚れを溶かして落とす化学洗浄処理の一つです。金属を変形させたり溶接して加工する際には煤や油汚れなどが付着して普通の洗浄方法では手間もかかりなかなか落ちません。その点酸洗いは溶液に浸したのち洗い流すだけなので手間もかからず、複雑な工程もないため設備費用も安くなるメリットがあります。使う酸は硫酸か塩酸が使われる事が多く、金属製品の性質に合わせてより適した酸を使う傾向にありますが、硫酸は人体に害が強くリスクが大きくなるため、より安全に作業できる塩酸を好む工場もあるようです。

酸洗いだけが持つ他の洗浄方法にない特徴

洗浄方法には界面活性剤などを含んだ洗剤とブラシを使って汚れを落とす方法や、布やスポンジなどで磨き上げる方法、グラインダーなどを使って汚れごと表面を薄く削ってしまう方法などがありますが、酸洗いにはそれらの洗浄方法にはないメリットが多くあります。一つは表面の汚れを綺麗に取り払える事から、塗装の前に行うことで金属と塗料の隙間に汚れが入り込むことがなく、塗料が剥がれにくくなることです。またステンレスがサビない金属になるためには、ステンレスに含まれるクロムと空気を反応させて不動態皮膜を張らせる必要がありますが、酸洗いなら製品全体の汚れを綺麗に取り払う事ができるため不動態皮膜を均一にむらなく張らせることができます。他にも洗浄の際に力が加わらないというのも大きなポイントで、例えばアクセサリーなどの変形しやすい金属細工を、歪めること無く洗うことができるのも酸洗いのもつ強みと言えます。

酸洗いとは文字通り、硫酸や塩酸などの酸を使って金属の表面を洗浄することを意味します。また塗装を切断する際の下地処理としても行われます。